元離宮二条城築城400年記念特別展《狩野派・絵師たちの競演二条城障壁画のすべて》

2126号      2132号


京都発大龍堂:通巻2130号

元離宮二条城築城400年記念特別展
《狩野派・絵師たちの競演二条城障壁画のすべて》

日時:2004年2月10日(火)〜3月14日(日)
    9:00〜17:00(入館16:30)休館は毎月曜日
場所:京都市美術館(岡崎公園内)
〒6068333 京都市左京区岡崎法勝寺町 TEL:075-771-4107
入場料:大人1,000円(800円)大高生600円(500円)円
    中小生400円(300円)土・日は京都市内小中学生無料
( )カッコ内は団体(20人以上)と前売り
当日入場(入城)料の割引(前売入場券には適用されません)
二条城入城券半券持参の方については,大人に限り特別展当日券を
団体料金扱いとする。 二条城(600円)→ 特別展(800円)=1,400円
特別展入場券半券持参の方については,大人に限り二条城入城料を割引する
特別展(1,000円)→ 二条城(400円)=1,400円
※前売券は2月9日(月)まで販売  
販売所:電子チケットぴあ、ファミリーマート、セブンイレブン、サンクス、ローソンチケット、京都新聞文化センター、京都市観光案内所、二条城チケット売場、「二条城障壁画のすべて」展実行委員会
主催:「二条城障壁画のすべて」展実行委員会
二の丸御殿の大広間、黒書院の襖絵を中心とした障壁画約五十面、模写障壁画約二十面と、二の丸御殿バーチャル体験ミニシアターなど。
徳川家康の命により,慶長8年(1603年)に完成した二条城は,世界文化遺産にも指定され,建築物の国宝6棟内には,狩野探幽・尚信をはじめとする江戸寛永期における狩野派の絵師たちによる障壁画954面の重要文化財を有しています。このかけがえのない障壁画の永久保存を目的として,昭和47年から模写事業を開始し,現在までに約半数の模写が完了しています。
今回の特別展は,二条城築城400年を記念して,二の丸御殿障壁画の内,大広間,黒書院の 襖絵,壁画を中心として,探幽,尚信ら寛永期狩野派の真髄を展覧し,併せて過去30年にわたって蓄積された,練達した模写技術を披露することを目的として開催されます。
<ワークショップ>
「狩野派にならう」 模写の制作過程を実感していただくものです。
日時:2月14日(土)と3月6日(土) 13:30
場所:京都市美術館講演室
定員:各30人
参加費;有料(事前申し込み制)
問合せ先:TEL:075-841-0096
二条城事務所「ワークショップ」係へ

■お問合せ先■
元離宮二条城事務所
TEL:075-841-0096

資料・写真提供:「二条城障壁画のすべて」展実行委員会