《つぎねふの会 第4回女義太夫公演》_冥途の飛脚 淡路町の段_

2117号      2126号


京都発大龍堂:通巻2121号

《つぎねふの会 第4回女義太夫公演》
_冥途の飛脚 淡路町の段_
日時:2004年2月14日(土) 15:00開演(14:30開場)
場所:京都建築専門学校 葭屋町(よしやまち)町家校舎
〒6028139 京都市上京区葭屋町通下立売下ル丸屋町260 TEL:075-803-4645
入場料:2,000円
定員:45名
主催:つぎねふの会 後援:財団法人啓明社 協力:京都建築専門学校
お問合せ・申し込み先: 藤原 学 FUJIWARA, Manabu
京都大学大学院人間・環境学研究科
共生文明学専攻 文化・地域環境論講座
〒606-8501 京都市左京区吉田二本松町
Phone&Fax:075-753-6814
fujiwara@a02.mbox.media.kyoto-u.ac.jp
会食は公演終了後、会場の町家にて行います。
料金;お一人3,000円(飲み物持ち込み大歓迎)
※公演の鑑賞のみでも、もちろん結構です。
劇場やホールではなく、京町家の座敷に座って、比較的少人数でしっとりした雰囲気の中、三味線と義太夫節を楽しもうという企画です。公演だけではなく、出演者との座談や会食などの時間もありますので、古典芸能に特別な造詣をお持ちでない方でも楽しめる会となっております。ご興味をお持ちでご都合のよろしい方のお越しをお待ち申しております。
[藤原学]
公演の後に本人たちを囲んであれこれ伺うこともできるので、こういう類の講演に疎い者にはとてもよい企画でした。近松ものを拝聴しましたが、まず日本語がとてもきれいで、しかも素晴らしい語りです。思わず唸り、聞き入って人情に目頭が熱くなって参ります。太竿がまたいいですね〜。町家の座敷でこんな公演を楽しめるとはありがたいことです。また、もしご希望されれば、公演の後で、会費制でこの町家で演者を囲んでささやかな食事の宴を催します。
(軽いお酒つき3,000円)希望される方はどうぞ、その旨、併せお伝え下さい。[さのはるひと]