シルクロードの装い展_パリ・コレに花開いた遊牧の民の美_

2099号      2111号


京都発大龍堂:通巻2103号

《シルクロードの装い展》
_パリ・コレに花開いた遊牧の民の美_

日時:
2004年1月29日(木)〜2月22日(日)
10:00〜19:30(入館は19:00まで)
場所:
美術館「えき」KYOTO
(京都駅ビル ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)
〒600-8555
京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町901
TEL:075-352-1111(大代表)
入館料:
一般800円(600円)
高・大学生600円(400円)
小・中学生400円(300円)
主催:
NHKきんきメディアプラン、京都新聞社
後援:駐日フランス大使館、駐日ベルギー大使館、駐日英国大使館、駐日ウズベキスタン英国大使館駐日カザフスタン大使館、
駐日アフガニスタン大使館、
ブリティシュ・カウンシル、
NHK京都放送局
協力:(株)情報工房
シック、ヒッピー、ボヘミアンスタイルなどフォークロアは多くのファツションデザイナー達の創作の源として注目を集めています。中でも最も注目されているのがシルクロード地域の伝統衣装です。
この数年間、パリ・コレクションでは、ジョン・ガリアーノが「ノマド(遊牧の民)」をテーマにシルクロード地域の伝統衣装を自身の感性で熟成させ、華やかに変身させた作品を発表し、また、ファツションの新たなメッカといわれるベルギー・アントワープではドリス・ヴァン・ノッテン、ベルンハルト・ウイルヘルムらが影響を受けて作品を発表しています。
本展では、パリ・コレデザイナー達の作品の数々とその源となるシルクロード地域の伝統衣装や装飾品、ジュエリーに焦点をあて、その手仕事や創作美の競演をご覧いただきます。