動物園のデザイン 展+図録

2021号      2028号


京都発大龍堂:通巻2025号

《動物園のデザイン 展》

日時:2003年12月5日(金)〜2004年2月20日(金)
10:00〜18:00
休廊日 : 毎週水曜日 年末年始(12月27日〜1月4日)

場所:INAXギャラリー大阪
〒550-0013 大阪府大阪市西区新町 1-7-1
TEL:06-6539-3518 FAX:06-6539-3521

入場料:無料
動物と観客と裏方それぞれの視点で、空間、道具、グラフィックなどから現れてくる動物園のデザインを観察する。
<講演会>
演目:「生まれ変わる天王寺動物園―デザインの背景を探る―」
講師:若生謙二 (大阪芸術大学環境デザイン学科助教授)
日時:2004年1月31日(土)
参加費:2,000円 (入場料、展覧会カタログ<定価/1,500円>付き)
定員:45名(高校生以上)■要予約
集合場所:天王寺動物園、動物園入口
時間:12:45〜(昼食は済ませてお越し下さい)
申込み・問い合わせ先:TEL:06-6539-3518

<関連図書>

《動物園のデザイン Designing Zoo》
執筆者:菅谷博、小宮輝之、蓮見智幸、若生謙二、小菅正夫
発行:INAX
定価:[本体価格1,500円+税] 円 72p
4-87275-826-9
送料をお確かめください!ご購入フォーマットへ
<目次>
・写真構成>
くつろぎのかたち・・・撮影:大西成明
動物園の現在・・・菅谷博
・ 図版構成・動物園のデザイン
上野動物園小史
ジャングルをもらった動物たち
ディテールが生む臨場感
狭くても快適であるために
サル山はここから始まった
観客のいない動物園
オンとオフを結ぶゴリラの通路
シンプルでダイレクトな境界線
体重は動物からのメッセージ
必須のアクセサリー
遠路はるばる
オリジナル旅グッズ
生命を守る
これ、なあに?−動物と付き合うための道具
食事に動物の行動を見る
飼育係が守る環境
・歴代ゾウ舎のデザイン…小菅輝之
・動物学園をめざして 上野動物園のグラフィック、サイン…蓮見智幸
・環境デザインとしての動物園…若生謙二
・行動展示のためのデザイン…小菅正夫