深沢幸雄銅版画展

1972号      1976号


京都発大龍堂:通巻1975号


《深沢幸雄銅版画展》


日時:2003年11月1日(土)〜12月14日(日)
10:00〜18:00(入館は17:30)
休館日:月曜日(但し、祝日は開館、翌日休館)
場所:伊丹市立美術館
〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前2丁目5番20号
TEL:072-772-7447 FAX:072-772-5558
<交通のご案内>
・阪急伊丹駅より徒歩北東へ9分
・JR伊丹駅より徒歩北西へ9分
・伊丹市バス・阪急バス伊丹本町停留所より
徒歩北へ3分
*宮ノ前地下駐車場(有料)あり
入館料:
一般700円(500円)大高350円(250円)
中小100円(80円)
主催:伊丹市立美術館
(財)伊丹市文化振興財団
深沢幸雄は1924(大正13)年に山梨県で生まれ、東京美術学校を卒業後、1954年より独学で銅版画に取り組みました。以後そのすぐれた銅版画の技法を駆使して、数々の魅力的な作品を制作、日本を代表する銅版画家として、国内外の展覧会に多くの作品を発表、今日に至っています。
本展では、初期の自己の内面を追求したモノクローム版画から、強烈な色彩によるメキシコ古代文明との対決、以後様々な技法を取り入れた魂の変遷の過程で生まれたそれぞれの時期の代表作179点を紹介します。とくに宮沢賢治『春と修羅』、アルチュール・ランボー『酔いどれ船』など銅版画集全10冊が一堂に公開します。これら深遠な詩情を秘める銅版画はわたしたちを静かな感動へと導かずにはおかないでしょう。
[伊丹市立美術館]

<お問い合わせ>
伊丹市立美術館
〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前2丁目5番20号
TEL:072-772-7447 FAX:072-772-5558