京都御所秋季一般公開-2003

1919号      1924号  


京都発大龍堂:通巻1920号



2003
《京都御所秋季一般公開》
日時:平成15年11月5日(水)〜11月9日(日)  9:00〜15:00
申込:手続不要
料金:無料
照会先:宮内庁京都事務所庶務課
電話:075−211−1211(受付時間8:30〜17:00)
(地下鉄丸太町、地下鉄今出川から徒歩5分)
京都御所は、南北朝時代の光厳天皇が元弘元年(1331年)に里内裏だった土御門東洞院殿を皇居と定めたもので、以後、信長、秀吉、家康らが修理、造営を行いましたが焼失し、現在の建物は総奉行・松平定信によって安政2年(1855年)に再現されたものです。
京都御所は春・秋の特別公開期間以外は参観許可が必要です。
参観者は,宜秋門(ぎしゅうもん)から参入し,清所門(せいしょもん)から退出することになります。
○テーマ:「宮廷装束の技」
飾  付
建  物
飾 付 内 容
御車寄 二枚折屏風(岩に紅葉の画)
紫宸殿 蔀戸開放,西唐戸開放,高御座・御帳台(照明)
清涼殿(広廂) 人形2体(束帯姿・十二単姿),釣灯籠5基
大臣宿所 装束(縫腋袍)の展示
小御所 人形6体(束帯姿・十二単姿・衣紋者姿4体)着装姿
人形2体(束帯姿・十二単姿)出来上がり姿
ぼんぼり3基(照明) 半蔀・障子取り外し
御学問所 舞良戸(板戸)・障子開放
御常御殿・南側 半蔀・障子取り外し
御三間 生け花(月輪未生流,御室流,嵯峨御流)
<催し>
・雅楽演奏(平安雅楽会)
日時:11月8日(土) 10:00,11:00
場所:春興殿前
雨天:承明門内
・琴の演奏
日時:11月9日(日) 10:00,11:00
場所:清凉殿

[写真提供:宮内庁]