ストック×リノベーション展

1850号      1856号


京都発大龍堂:通巻1853号

ARTS&CRAFTS 10th Anniversary Event
STOCK×RENOVATION EXHIBITION IN OSAKAS 2003
再生した築37年の建物を展覧会場としてリノベーションのこれからについて発信
《ストック×リノベーション展》

日時:2003年10月24日(金)〜11月2日(日)  12:00−20:00
場所:クラフトハウス中央区玉造
〒5300047 大阪市中央区玉造1-24-2
TEL:06-6363-7007 FAX:06-6316-8404
入場料:無料
主催:(株)アートアンドクラフト
ストツク×リノペーションは何をもたらすのか
ここ数十年、日本ではまだまだ使える建物を簡単にスクラップアンドビルドするようになってしまいました。しかし、既存の建築ストックをリノベーションして使い続けること、そしてそこに暮らすことが、若い世代を中心に、単なる流行ではないムーブメントとして定着しつつあります。なぜ、そのような人が増えてきたのか?リノベーションとは何なのか?どのような価値観を持って、新築ではなく古い建物をリノベーションしているのか?

長屋や町屋の再生、集合住宅をリノペーションした暮らし、オフィスビルや倉庫を住宅へコンバ−ジョン。そういった「リノベーションされた住まい」の事例やそれに開する資料なども展示し、日本においてリノペーションが進むべき方向とその可能性について考える展覧会を開催します。

また展覧会場そのものが、築37年のごく小さな文房具店のビルを住宅にコンバージョンした建物です。家具や照明などインテリアを含めた会場全体を「ストック×リノペーション」のモデルケースとして展示します。古い建物をどのようにリノベーションして暮らせばよいのか?リノベーションでは新築のデザインと何が違うのか?今後リノベーションして住まいを得たいと考える人たちにとって、デザインそしてライフスタイルを含め、何かを感じてもらえればと願っています。
















お問合せ:
(株)アートアンドクラフト
営業時間 10:00〜18:00 土日祝休
〒5300047 大阪市北区西天満5−2−10
TEL:06-6363-7007
FAX:06-6316-8404
              会場↑                        営業所↓