つぎねふの会 第3回女義太夫公演

1754号      1758号


京都発大龍堂:通巻1756号

《つぎねふの会 第3回女義太夫公演》

日時:平成15年8月23日(土)午後5時半開演(午後5時開場)
演目:傾城恋飛脚 新口村の段
出演:竹本駒輝(たけもとこまてる) 鶴澤三寿々(つるざわさんすず)
料金:2,000円
定員:先着70名
会食は、サラ敷地内の居酒屋にて行います。
料金:お一人4,000円(ビール飲み放題、その他飲み物持ち込み歓迎)

場所:イベントスペース・サラ
〒6028019 京都市上京区室町通出水上ル東側 TEL:075-451-4741
京大の若手研究者たちの「好き者」有志からなる「つぎねふの会」というグループが、例年行っている女義太夫(むすめぎだゆう)の観賞会です。夏はちょっと大勢で、冬は内々で、ということですが、多いといっても、6、70人ほどの人数で、お座敷での義太夫です。
太竿(三味線)の伴奏に語りが入りますが、お二人とも若い女性です。この公演のために、いつも100遍は練習するのだそうです。すごいですね。ぼくもこの2度参りましたが、とってもいいんです。聞いていて、思わず泪します。語りのうまさ、というのでしょうね、芸というのはこういうものなんだとついつい感得してしまいます。それと同時に、細かな心の機微まで談し、それが見事にこちらにはまってくるというのは、それが日本語だからでしょう。オペラとはまた違う入り方なわけです。お勧めします。[さのはるひと]

申し込み先:下記藤原までEメールでお願いします。
藤原 学 FUJIWARA, Manabu
京都大学大学院人間・環境学研究科
〒606-8501 京都市左京区吉田二本松町
Phone&Fax:075-753-6814
fujiwara@a02.mbox.media.kyoto-u.ac.jp