Team Archi Review 第5回テーマ/フランク・ゲイリー(Frank Gehry)

1667号      1670号


京都発大龍堂:通巻1668号

《第5回テーマ/フランク・ゲイリー(Frank Gehry)》
_作品/ゲイリー自邸(1979)_
 

日時:2003年7月19日(土)16:00〜18:00
※当日 15:00〜15:45まで事前予習会、18:00から交流会を開きます。ふるってご参加ください。

場所:INAX大阪・8階大会議室
〒550-0013 大阪府大阪市西区新町 1-7-1)
(地下鉄四ツ橋線・四ツ橋駅より、四ツ橋筋を北に徒歩2分)
参加費:500円
事前申込:不要
主催:Team Archi Review
波型鉄板や既製品サッシュなどのチープな素材はなぜ選択されたの?
既存住宅部分のフレームだけを残しているのはどうして?
増築部分が既存住宅部分をL字型に取り囲む平面計画の秘密は?
この住宅のデザインって本当に「軽い」の?
「プログラム」と「形態」の対応関係が面白いって本当?
ゲイリーって本当に「デコン」なの?
ロスアンゼルスや、地域、街路との関係が重要だって聞いたけど……最新作の「グッゲンハイム・ビルバオ美術館」とどうつながってるの?
・・・ロスアンゼルス郊外にある平凡な既存住宅への増築である「ゲイリー自邸」を俎上に載せることで、アメリカにおける「ゲイリー」、ゲイリーにおける「アメリカ」について考えてみたいと思います。

<今後のテーマ(予定)>
8月9日(土) ポンピドゥ・センター/ピアノ&ロジャース
9月20日(土) VPRO/MVRDV
10月 ラ・ヴィレット公園/ベルナール・チュミ
11月 大分県立中央図書館/磯崎新
12月 カルティエ財団ビル/ジャン・ヌーヴェル
1月 住宅第1号/ピーター・アイゼンマン
2月 香港上海銀行本社ビル/ノーマン・フォスター

お問合せ・連絡先:井戸090-2046-3030(携帯)
mail kenjiido@vesta.ocn.ne.jp

Team Archi Review