重文民家と生きる

1587号      1591号


京都発大龍堂:通巻1589号

《重文民家と生きる》

編著:全国重文民家の集い
発行:学芸出版社
定価:1,890円(本体1800円+税)
19cm 239p
4-7615-1180-X
ご購入フォーマットへ!送料をお選び下さい!
日本中に点在する重要文化財民家の数、約350軒。保存や活用をめぐって、時に苦悩し、それでもなお愛おしみながら民家とともに生きる住み手たちが、たたずまいと豊かな文化を綴る。
1937年に第一号が指定されて以来現在まで、日本中に点在する重要文化財民家の数、約350軒。その一軒一軒に、厳しい風土や長い歴史を生きてきた人たちの暮らしが刻まれている。維持保存や活用をめぐって、時に苦悩し、それでもなお愛おしみながら民家とともに生きる住み手たちが今初めて、そのたたずまいと豊かな文化を綴る。 
<目次>
一章 重要文化財民家指定の歴史
  一 民家保存の流れ
  二 指定のプロセス
  三 文化財指定と所有者の想い
  四 修理事業について
  五 アンケートにみる所有者の現状
     ◆民家点描◆ 防火用桶
二章 歴史が育む住まいの姿
  一 風土と住まい
     1 奥州路・田沢湖畔の曲屋<まがりや>
     2 越後路・広大囲炉裏の間
     3 甲州路・鉄線の花咲く本陣
     4 信濃路・安曇野<あずみの>の古民家
     5 東三河・釜屋<かまや>建ての住居
     6 大和路・茅と瓦のシンフォニー
     7 伊豫路・山間の炊煙
     8 沖縄本島・シーサーとひんぷんと
  二 災害に備えた住まい
     1 大地震の教訓を生かした耐震構造
     2 火災、水害に備えて―大河に沿う旧太田脇本陣
     3 海抜ゼロメートル地帯の防災対策
  三 復原・補修等修理工事をめぐって
     1 千年家変貌―解体・移築・復原
     2 民家初の復原修理・建築当時の建築意匠復活へ
     3 復原か伝承か「玄関」の存否をめぐって
  四 さまざまな建築意匠
     1 大鳥の憩う本棟造<ほんむねづくり>
     2 旅篭のインテリアデザイン
     3 漢方薬本舗とお小休<こやす>み本陣
     4 京町家・数寄屋の意匠
     5 長蔵<ながくら>・赤壁・竃<かまど>
     6 瀬戸内の小京都・儒家と商家
     ◆民家点描◆ 秤量器
     ◆民家点描◆ 保存食の凍り餅

三章 現代に伝える住文化
  一 季節と行事
     1 敷島の道を伝えて
     2 百舌鳥<もず>精進に始まる一年
  二 息づく歴史とともに
     1 平家ゆかりの家
     2 宮島の上卿<しょうけい>屋敷
     3 麁服<あらたえ>調進・阿波忌部<いんべ>氏の直系
     4 南朝遺跡「旧皇居」
     5 伊豆の反射炉
     6 維新前夜と鞆<とも>の浦
     7 戌辰<ぼしん>残映―白虎隊出陣基地の旧滝沢本陣
     ◆民家点描◆ 囲炉裏の灰模様

四章 伝える工夫・残す試み
  一 重要文化財民家に住む
     1 現状(未復原)のままの住まい
     2 復原工事終了後の住まい
  二 公開と活用
     1 奇跡的に残った沖縄観光のスポット
     2 二条陣屋
     3 中世武士の館と織物染色工場
     4 農山村の文化財民家
  三 起業の試み
     1 旅館と料亭―鴨の貝焼と会席料理
     2 農家レストランと京の湯豆腐
     3 土間の喫茶店
  四 公益法人化という選択
     1 重文建物の税務評価をめぐって
     2 財団法人化
  五 修理と管理
     1 茅葺き屋根の修理
     2 遠隔管理―防災・防犯への取組み
  六 重文民家の保存をめぐる今日的課題
     1 民家保存の現状と課題
     2 文化財の活用とまちづくりへの貢献
     3 文化財の活用と支援処置等の充実
     ◆民家点描◆ 古き雛たちの集い

五章 ひろがる動き
  一 町並み、地域文化の核として
     1 まほろば≠フ重要伝統的建造物群保存地区
     2 山陽道の旧本陣と旧脇本陣
     3 白壁の重伝建地区
     4 「黄金の日々」残照・市民都市の名残りを伝えて
     5 小江戸の風情を残す蔵造の町並み
     6 地域ボランティアとともに
  二 海外の事例を追う
     1 イギリスの歴史的住居
     2 ザ・ナショナル・トラスト
     3 アメリカの古民家開放
  三 将来像への提言
「二十一世紀の古民家を考える」公開シンポジウム
  一 シンポジウムの概要
  二 パネルディスカッション
     1 民家保存の意義とは
     2 維持・管理
     3 活用・公開への取組み
     ◆民家点描◆ 飾り櫛
 見学マナー
 全国重要文化財民家リスト
 あとがき