木材の住科学 / 循環型社会を創る / 環境大事典

1474号      1478号


京都発大龍堂:メール マガジン通巻1476号

★《木材の住科学》
_木造建築を考える_

著者:有馬孝礼
発行:東京大学出版会
定価:本体3500円+税 22cm193p
4-13-061123-2
ご購入フォーマットへ!送料をお選び下さい!
著者が体験した実験と災害、実態調査などのフィールド調査に基づくものを木材という視点から記述、住科学と木材の接点を明らかにする。資源循環と国土保全を基調としたいろいろな形の連携を最も身近な自らの問題として論考。
<著者紹介>
1942年鹿児島県生まれ。東京大学大学院農学系研究科林産学専門課程修士課程修了。現在、同大学大学院農学生命科学研究科教授。農学博士。著書に「循環型社会と木材」ほか。

★《循環型社会を創る》
_技術・経済・政策の展望_ 

編集:エントロピー学会
発行:藤原書店
定価:本体2400円++税 22cm287p
4-89434-324-X
ご購入フォーマットへ!送料をお選び下さい!
2001年刊「「循環型社会」を問う」で示した理念を基に、実際にリサイクル現場に立って地域での循環を考える執筆陣が、真の循環型社会実現を目指し具体的な視座を考える。循環型社会を実現するための20の視点を付す。

★《環境大事典》  

編著:吉村進
発行:日刊工業新聞社
定価:本体14000円+税 22cm849p
4-526-05057-1

ご購入フォーマットへ!送料をお選び下さい!
 急速に深刻さを増している環境について、国内だけでなく地球全体が抱える事象を解説。単なる用語解説ではなく、その背景、被害状況、関連文献など詳細なデータも収録。
<著者紹介>
東京大学工学部電子工学科卒業。大阪大学先端科学技術共同研究センター客員教授、長崎総合科学大学理事・客員教授。