『建築文化』2003年04月号(No.664)特集◆レム・コールハース 変動する視座

1460号      1464号


京都発大龍堂:メール マガジン通巻1462号

建築文化バックナンバー
『建築文化』2003年04月号(No.664)
特集
◆レム・コールハース
変動する視座

OMA・AMO・ハーバードリサーチ 最前線ドキュメンタリー
編集・発行:彰国社
定価:2,500円(本体2,381円+税) 
ご購入フォーマットへ!送料をお選び下さい!
30年近くにわたり、多くの話題作と『S,M,L,XL』ほかの著作によって、建築の世界に新風を吹き込んできたレム・コールハース。
彼の率いる設計集団OMAと新組織AMOが、この2,3年で、さらに注目すべき展開を始めている。
建築・都市設計(OMA)、都市およびブランド・IT戦略構想(AMO)、都市リサーチ(ハーバード大学)という、従来は切り離されていた活動を同時並行で相乗効果的に進め、未曾有の可能性を次々とかたちにし始めているのである。
この特集では、世界各地で同時進行中のプロジェクト、最優秀案となった注目の中国中央電視台コンペ案、AMOの多層・多元的プロジェクト、そしてハーバードの、しなやかでダイナミックな思考=試行過程を、コールハース、スタッフ、共同デザイナーへのインタビューを通してヴィヴィッドに追体験していく。 この、軽いフットワークで転位し続ける建築家集団のスリリングな現在をめぐる生々しいレポートからは、我々を大いに触発するであろう未知なる建築家像が鮮やかに浮かび上がってくるだろう。
<大目次>
・中国中央電視台 新本社ビル+文化センター
・ルール地方の研究
・ヨーロッパのアイデンティティをめぐる研究
・在ベルリン・オランダ大使館
・ポルト・コンサートホール
・ペトラ・ブレーゼが語るOMAとのコラボレーション
・ハーグの都市再開発複合ビル
・ジャンクスペース
・レム・コールハース インタビュー
・プラダ・エピセンター
・ハーバード都市プロジェクト
・レム・コールハース、ハンス=ウルリッヒ・オブリストがヴェンチューリ&スコット・ブラウン に聞・ロサンゼルス・カウンティ美術館
・シアトル公立図書館
・イリノイ工科大学キャンパスセンター
・アストアプレイス・ホテル
・アン=シティ計画
・マイケル・ロックが語るOMA/AMOとのコラボレーション