京都の不思議

1329号      1333号


京都発大龍堂:メール マガジン通巻1331号

《京都の不思議》

著者:黒田 正子
発行:光村推古書院
定価:本体価格1700円+税
280p
4-8381-0309-3
  ご購入フォーマットへ!送料をお選び下さい!
知っているようで知らない、京都ならではの不思議な事柄を選りすぐってその謎に迫る一冊。名所・地名・まち・歴史・歳時などにまつわる77篇雑学エッセイ。
<目次より抜粋>
・清水の舞台から飛び降りた人は本当にいる?
・円山公園にかつて温泉があった?
・烏丸通の由来は?
・高瀬川は三つある、いや五つある?
・この岩こそ「君が代」のさざれ石?
・「ほっこりする」の意味は?
・京都はいまも日本の首都か?
●名所の不思議
1.清水の舞台から飛び降りた人は本当にいる?
2.なぜか左右とも笑ってる、清水寺の狛犬「笑い獅子」
3.祇園円山公園にかつて温泉があった?
4.祇園の泣き地蔵さん、「めやみ地蔵」「雨止み地蔵」どっちが本当?
5.奈良の大仏さんより大きかった、京の大仏さんの悲運
6.実は京都には超高層ビルの歴史があった
7.哲学の道の石畳は懐かしい市電のリサイクル
8.出世稲荷に京のタワーが建っていた?
9.龍安寺の石庭、知られざる五つの謎
10.あの大原三千院をルーツとする、日本仏教音楽とは?
11.豊公さんが名づけた、湯たくさん茶くれん寺
12.うぐいす張りVS鳴き龍
13.かにかくに、枕の下を水の流れたお茶屋があった
14.終戦まで、愛宕山にはケーブルカーがあった?
 
●地名の不思議
15.そういえば、誰も知らない「烏丸通」の由来
16.「四条河原町」と「河原町四条」はちがう?
17.大和大路通、四条を上がれば縄手通?
18.新説かもしれない? 先斗町という名の由来
19.烏丸通と新烏丸通、同じ中京区なのに、なぜ?
20.まるたけえべすに、おしおいけ…では縦の通りは、どうおぼえるの?
21.膏薬図子、白梅図子…図子ってどういう意味?
22.牛若丸と弁慶が出会ったのは、いまの五条大橋ではない?
23.牛若・弁慶その二 五条天神社をめぐる異界伝説
24.東山って三十六峰もあったかな
25.常盤にあるのに、なぜ常磐野小学校?
26.バス停「乾隆校前」の不思議
27.紫野、紫竹、紫明、紫式部、京都市北区にはなぜ紫が多い?
28.あれ、実は十口もあった京の七口
29.京の七野って、わからはりますか?
30.賀茂川と鴨川と加茂川は、どう考えればいい?
31.高瀬川は三つある、いや五つある どちらも正解です
32.西院を「さい」と呼ぶ人 深泥地を「みぞろがいけ」と呼ぶ人
 
●まちの不思議
33.地図で見れば、右に左京区、左に右京区?
34.昔の京都は上京と下京 では当時の境界はどこだった?
35.町風呂と町湯、銭湯には二種類あった?
36.「向こう三軒両隣」は、京の町組から生まれた?
37.灘の酒・伏見の酒以前にあった洛中まぼろしの酒
38.出版社のルーツは京都にあった
39.京都の理髪店、まちの角に多いのはなぜ?
40.家具のまち夷川は、どのようにしてできたのか
41.日本で最初の西洋牧場は、京都の鴨川畔だった
42.京の「車石」に見る日本の鉄道ならぬ轍道史
43.京の五花街ふしぎ集
44.あの大文字の直下に広告看板を掲げた男
45.JR京都駅1番ホームはどこへ行ったの?
46.梶井基次郎の『檸檬』は“寺町通小説”だった?
47.誰が植えたのだろう、北白川御蔭通の並木道
48.四条大宮のトロリーバスのこと、おぼえてはる?
49.千日回峰行よりすごい? 十二年籠山行
50.知っておきたい、過去にあった京の大地震
 
●歴史の不思議
51.この岩こそ「君が代」のさざれ石
52.平安京は「海なき水上の都」だった?
53.大泥棒、石川五右衛門は、なぜ有名になったのか
54.櫛とこうがいとかんざし、どうちがうの?
55.江戸時代、京の大火総まとめ
56.京好みって、どんなきもの?
57.京都はいまも日本の首都?
58.北野神社と北野天満宮、このちがいは何だろう
59.洋風か、和風か、鴨川にかかる橋、明治初年の大論争
60.公立の盲学校や精神病院も京都が日本最初だった
61.京都には北流する川がある
62.意外に知られていない、空襲で焼けた京都
63.原爆は京都に落とされるはずだった?
 
●歳時の不思議
64.蹴鞠はJリーグのルーツ?
65.節分のお化け、花街だけではなかった?
66.「みなづき」の三角は、何をかたどったもの?
67.「蘇民将来さん」って、どういうお方ですか?
68.いまでも見かける? 祇園祭、四条お旅所までの無言詣り
69.京の伝統野菜は、なぜ栄養価が高い?
70.小野篁サン、地獄への入口と出口はどこですか?
71.五山の送り火には「い」「一」「竹に鈴」もあった
72.雪大文字を見た日は、ええことがおすえ
73.旧暦のころの大文字は、もっと素晴らしかった?
74.地蔵盆が京都で盛んな理由は?
75.「女心と秋の空」「男心と秋の空」は、京都の天気を標準として生まれた
76.年末恒例の顔見世は京都だけのもの?
77.ほっこりするの意味は?