モール、コンビニ、ソーホー_デジタル化がもたらす都市のポピュリズム_

1319号      1323号


京都発大龍堂:メール マガジン通巻1321号

《モール、コンビニ、ソーホー》
_デジタル化がもたらす都市のポピュリズム_

著者:松葉一清
発行:NTT出版
定価:本体3000円+税 20cm306p
4-7571-0081-7
ご購入フォーマットへ!送料をお選び下さい!
「アクチュアル」と「ヴァーチャル」、「リアル」と「デジタル」の狭間で都市は生き残れるか。モール、コンビニ、ソーホーについて論じ、全く新しい都市像
確立の必要性を説く。
<著者紹介>
昭和28年神戸市生まれ。京都大学建築学科卒。建築評論家。著書に「失楽園都市」「パリの奇跡」「ポスト・モダンの座標」など多数。「近代都市と芸術展」など展覧会の監修も手がける。