イスラーム世界の都市空間

1267号      1271号


京都発大龍堂:メール マガジン通巻1269号

《イスラーム世界の都市空間》

編集:陣内秀信、新井勇治
発行:法政大学出版局
定価:本体7600円+税
22cm579p
4-588-78605-9

ご購入フォーマットへ!送料をお選び下さい!
なぜ今、イスラーム世界の都市か──。西欧近代をモデルに機能性・合理性のみを追求した戦後の街づくりへの反省に立って、シリア、チュニジア、モロッコ、トルコ、イランから中国西域まで、イスラーム世界の迷宮空間を徹底的に調査・検討し、見えざる人間的な秩序の存在を明らかにする。都市と建築を通して描く「生き方」としてのイスラーム。
喧燥と清澄の迷宮、イスラーム世界。その有機的な構造と見落とされてきた人間的な秩序、魅力あふれる生活空間の存在を明らかにする。都市と建築に、イスラームという生き方を探る一冊。
<著者紹介>
〈陣内〉1947年福岡県生まれ。法政大学工学部建築学科教授。