コンスタンティン・メーリニコフの建築 1920s-1930s

1258号      1263号


京都発大龍堂:メール マガジン通巻1260号

『コンスタンティン・メーリニコフの建築 1920s-1930s』

作:コンスタンティン・メーリニコフ
監修:リシャット・ムラギルディン
発行:TOTO出版
定価:本体1905円+税 28cm119p
4-88706-217-6
送料をお選び下さい!ご購入フォーマットへ!


◆簡単メールご注文(E-mail)から。
20世紀初頭のロシアの巨匠メーリニコフの斬新なアイデアをオリジナル・ドローイングと豊富な設計論で紹介した日本初の作品集。
ロシア・アヴァンギャルド時代のファンタジスト、コンスタンティン・メーリニコフの建築業績を豊富な写真で紹介。研究者の理解をはるかに超えた創造性を発揮し建築史に名を残した、偉大で傑出した建築家に迫る。英文併記。 <著者紹介>
〈メーリニコフ〉1890〜1974年。モスクワ絵画彫刻建築学校絵画科卒業後、同校建築科で建築の学位取得。ソヴィエト連邦名誉建築家。
[目次]
ボリシャーヤ・セルプホフスカーヤ通りの労働者用モデル集合住宅
オホートヌィ・リャッド労働宮殿
マホルカ・パヴィリオン
ノヴォ・スーハレフスキー市場
レニングラード・プラウダ
パリ現代装飾美術・産業美術万国博覧会ソヴィエト館
パリのガレージ
バフメーチエフスカヤ通りのバス・ガレージ
ノヴォ・リャザンスカヤ通りの貨物車両専用ガレージ
ズーエフ・クラブ〔ほか〕
[著者プロフィール]
ムラギルディン,リシャット (ムラギルディン,リシャット)Mullagildin,Rishat 建築家。モスクワ建築家協会会員、日本建築学会会員。1969年ロシア連邦バシコルトスタン共和国ウファー市生まれ。1995年モスクワ建築大学卒業。1994年から1997年建築設計組織「Mosproject2」スタジオ8にてモスクワ・クレムリン内、ロシア大統領宮殿改修計画・インテリア・デザイン担当。1997年日本文部省の交換留学制度により来日。1998年芝浦工業大学博士過程在籍。1999年より慶応義塾大学政策メディア研究科博士過程在籍。ヨーロッパ、日本の建築設計国際コンペにて入賞歴多数。