コンクリートのここが問題20_実務者必読_ / 図解コンクリートがわかる本

1179号      1183号


京都発大龍堂:メール マガジン通巻1181号


《 コンクリートのここが問題20 》
_実務者必読_ 

著者:十河茂幸
発行:セメントジャーナル社
定価:本体1500円+税
21cm92p
4-915849-19-8
ご購入フォーマットへ!送料をお選び下さい!
丁寧に打ち込んでいた時代のコンクリートが今に残っている事実と、予想以上に早く劣化してしまったコンクリート構造物のある事実を見つめ、信頼されるコンクリートを目指して、製造者、施工者、設計者のすべきことを考える。

《図解コンクリートがわかる本》
_Visual engineering_

著者:永井達也
発行:日本実業出版社
定価:本体1500円+税
21cm173p
4-534-03451-2

ご購入フォーマットへ!送料をお選び下さい!
現代のコンクリートが直面する課題に産業界や技術者がどう取り組んでいるのか、またこの最も身近な工業製品にはどんな性質があるのかなどを、豊富な図版を取り入れながらやさしく解説する。
<著者紹介>
1935年東京生まれ。早稲田大学で建築学を、ミラノ工科大学でコンクリート工学を学ぶ。98年まで大成建設に勤務。編著書に「開発権移転と空中権」「耐震技術のはなし」など。