マンガでわかる住宅業界《家づくりの現場》

1064号      1068号


京都発大龍堂:メール マガジン通巻1066号


マンガでわかる住宅業界
《家づくりの現場》

著者:村瀬春樹
作画:みやぞ郁雄
発行:日経ホームビルダー
発売:日経BP社
定価:本体価格1,800円+税
26cm235p
4-8222-2408-2
ご購入フォーマットへ!送料をお選び下さい!
作宅建設技術者のための実務情報誌「日経ホームビルダー」は、今年7月に創刊3周年を迎えました。その「日経ホームビルダーの好評連載マンガ「熱血棟梁!一平太が行く」を1冊にま、とめ発行いたしました。
主人公の一平太は、ココロザシが高く、女好きで、ちょっとドジな工務店の熱血棟梁。一平太とその仕事仲間たちが「家づくりの現場」で直面する難問奇問を悪戦苦闘しながら解決していきます。
家づくりの世界では「施主の願望」と「業者の思惑」の不幸なすれ違いが多く、さまざまなトラブル・悲喜劇が発生しています。住宅業界の方には「いまどきの施主たちは何を考えているのか?」を知っていただき、家を建てることを計画している方には、「顧客としては、こんな家をこんなふうに建ててもらいたい」と考える材料を提供します。
この本は、一種の、わかりやすい「住宅業界白書」です。住宅業界で働き始めたばかりの方から工務店経営者、ベテラン技術者、そして快適な家を建てたいと考えている方まで、必読の1冊です。
<目次>
第1話 21世紀の”勝利の方程式”
第2話 リフォームはビックビジネスになるのだ
第3話 顧客には「媚びず!甘えず!嫌われず!」
第4話 たいへんだ!高齢社会の住宅事情&住宅市場
第5話 「地縁復活計画」!新しい住民達と出会え
ホームビルダーのためのヒント集『家づくり考現学』