TOKUJIN DESIGN-吉岡徳仁-

1024号      1028号


京都発大龍堂:メール マガジン通巻1026号

品切れ絶版
『TOKUJIN DESIGN』

-吉岡徳仁-


著者:吉岡徳仁
発売:ギャップ出版
A4変型判208p
定価:本体3,800円+税
ご購入フォーマットへ!送料をお選び下さい!
「マテリアルに魔法をかけるデザイナー」と称される若きクリエーター吉岡徳仁。その傑出した創造性で世界のデザインジャーナリズムを席巻する待望の作品集(世界共通版)。三宅一生が育てたインテリアデザイナーとして注目され、彗星のごとくデザイン界に現れた若きクリエーター、吉岡徳仁。 彼の突出したクリエイティビティーを開花させた1997年「ISSEY MIYAKE MAKING THINGS」展から現在に至るまでの約5年間、またたくまに世界的評価を受けるきっかけとなった選りすぐりの秀作22作品を、コム・デ・ギャルソンのアートワークや篠山紀信の作品集などで知られるグラフィックデザイン界の巨匠・井上嗣也がアートディレクションを手掛ける注目のビジュアルブック。
本書は、現在イタリア(ミラノ)で開催中の国際家具見本市/サローネ・デル・モービレにて著者がdriade社から発表した新作家具とともに世界のマスコミ関係者にリリースされている。また、近々世界各国での発売も予定している。
<吉岡徳仁プロフィール>
Tokujin Yoshioka(Space Designer/空間デザイナー)
1967年 佐賀県生まれ。86年桑沢デザイン研究所を卒業後、倉俣史朗、三宅一生のもとでデザインを学ぶ。92年よりフリーランスとして活動を開始し、'00年 吉岡徳仁デザイン事務所設立。代表作として「ISSEY MIYAKE」「A-POC AOYAMA」のショップデザイン、「BMW」「SHISEIDO 5S」「NTT-X」の空間デザインがある。パリ、NY、東京で開催された「三宅一生展 ISSEY MIYAKE Making Things」の空間デザインなど、実験的デザインが海外でも高い評価を得ている他、'01年秋 六本木AXISにて『吉岡徳仁デザイン展TOKUJIN YOSHIOKA Xperiment−実験』開催、森ビル都市再開発の一環「NEW TOKYO LIFE STYLE ROPPONGI THINK ZONE」や「ロボットミーム展」(日本科学未来館)の会場設計を手掛ける等、更なる活躍が期待されている。CS DESIGN AWARD金賞、JCD DESIGN AWARD大賞他 多数を受賞している。