■[大阪会]《故・大島哲蔵追悼会》 ■[名古屋会]「故大島哲蔵を偲ぶ会」

1017号      1021号


京都発大龍堂:メール マガジン通巻1019号


■[大阪会]
《故・大島哲蔵追悼会》
大島哲蔵さんが急死しました。
54才でした。あまりにも早すぎます。私達友人をはじめ、建築界、美術界等多くの関係者にとっても計り知れない打撃です。未だに信じられないのですが、どうしようもない事実です。
 
これからは、皆さんの想いの中で大島さんは生き続けるでしょう。そうした彼に対するそれぞれの決意を認識する為にもあえて精一杯の友人葬を執り行う事になりました。
ただ、彼の生き方からすれば、単なる儀礼だけに終わらず、何がしかのムーブメントへの切先を維持する事が必須だと思い、合わせて下記のシンポジウムを行います。
そこで、皆さんに思い出を偲んでいただき、又彼が思い残した展望を存分に語り合えれば幸いです。
<一部:法要>
日時:2002年7月27日(土)2:00−2:45
・法要
場所:一心寺(建築家/住職:高口恭行)
   〒543−0062 大阪市天王寺区逢阪ZT目8−69
   TEL:06−6771−0444(代)
・弔辞
渡辺豊和(建築家/京都造形芸術大学教授)
<二部:座談会>
 
《大島哲蔵アーカイブの構築》遺作図書
  _1970年代以降の建築ムーブメント_

日時:2002年7月27日(土)3:00−5:00
 
【パネラー】
磯野英生(成安造形大学教授)
古山正雄(京都工芸繊碓大学教授)
本多友常(和歌山大学教授)
安原盛彦(秋田県立大学教授)
【司会】
中谷礼仁(大阪市立大学講師)
新田正樹(建築家/近畿大学・京都造形芸術大学非常勤講師)
 
場所:一心寺/日想殿
〒543−0062 大阪市天王寺区逢阪ZT目8−69
TEL:06−6771−0444(代)
 
会費:学生/1.000円
   一般/3.000円
  (1ドリンク付き)
お問合せ・連絡先:新田正樹建築空間アトリエ
TEL:06−6206−0025/FAX:06−6206−0035
e−mail: nittamsk@boreas.dti.ne.jp
・一心寺 案内図

〒543−0062
大阪市天王寺区逢阪ZT目8−69
tel:06−6771−0444(代)

■[名古屋会]
「故大島哲蔵を偲ぶ会」

日時:2002年7月13日(土曜日)16時〜
場所:ギャラリーHAM(名古屋市東区東桜1−3−8ギンノスケビルB1F)
会費:5000円
お問合せ:電話052-972-9501/FAX052-972-9502(ギャラリーHAM)
7月13日(土曜日)に、名古屋のギャラリーHAMで「大島さんを偲ぶ会」を催すことが正式に決まりました。
時間は午後4時からです。大阪のシンポジウムと違って、かなりえーかげんな趣で行うつもりですが、できる限り多くの方々においでいただきたいと思っております。
 
会費5000円をいただかねばならないので大変心苦しいのですが、会費としていただいたお金の一部を「大島哲蔵賞」だの「テッちゃん賞」だの、本気とも冗談ともつかぬ賞を捏造して、誰かにあげてしまおうではないか、と「HAM」のご主人、神野公男氏が仰有っており、そのあたり汲んでいただければ幸いと存じます。またギャラリーヤマグチの山口氏のご厚意により、大島さんが最後に翻訳書として出版した、ド ナルド・ジャッドの『建築』が記念に贈呈されるそうです。 わざわざ名古屋まで、という方々もおられるでしょうが、もしもご出席される場合には、連絡の行き届かない友人・知人などお誘い合わせの上おいで下さい。
またお手数ですが、人数確認のため、住所、連絡先、ご氏名、ご出席人数など明記の 上、FAXにて、あるいはメールでも、いや最悪電話でも結構でございますゆえ、7 月9日までに、ご一報願えれば大変助かります。では宜しくお願いします。