目次

戻る


日建築古典叢書 8巻 近世建築書-構法雛形2

はしがき

第一篇 構法雛形の史料
     (1)継手・仕口雛形
       1 「匠家仕口雛形」
       2 「御作事方仕口之図」
       3 「継目仕口拍」
       4 「御殿向作事堅書図解」
       5 「大工雛形 規矩鑑集 帯指口」
       6 「匠家雛形 増補初心伝」
       7 「帯指図」
       8 「継手仕口絵図」
       9 「万宝柱立 番匠往来」
       10「組物楯規矩図」
       11「万切組堅之仕様」
       12「(規矩鑑集)」
       13「規矩鑑集 木匠図録」
       14「番匠作事往来」
       15「大工番匠往来」
       16「大工絵様 雑工」
       17「新選増補 大匠雛形大全 宮殿之部 組物口伝 組目口伝」
       18「仕口」
       19「(鎌遺之図等)」
       20「堂舎切組方」
       21「明治新撰 隅矩独稽古 中・下」
       22「新撰軒廻 大工雛形 全」
       23「継手雛形軒廻之割 完」
       24「明治新撰 番匠秘事雛形」
       25「立川流匠家矩術 倭絵様集 参」
     (2)雑作雛形
       1 「愚子見記 九冊之内諸積 九」
       2 「御作事方仕口之図」
       3 「組物」
       4 「大工雛形 手鏡」
       5 「角木図挌 乾」
       6 「番匠町家雛形」
       7 「御殿向作事堅書図解」
       8 「造作弁図解 上下」
       9 「大工雛形 規矩鑑集 帯指口」
       10「諸絵図」
       11「御櫓向粟其外トモ」
       12「番匠秘事 瓦 全」
       13「新刻改正 番匠作事文章」
       14「和様唐様 接物図井伏図」
       15「(高橋吉規伝来 組物図)」
       16「匠家雛形 増補初心伝」
       17「今西氏 家船綱墨私記」
       18「轟物立伏地図」
       19「(門外十七種)」
       20「神社仏閣 柱建往来」
       21「帯指図」
       22「組物桝肘木絵図」
       23「三之卷」
       24「五之卷」
       25「(工術抜書)」
       26「宮部集」
       27「万宝柱立 番匠往来」
       28「大工雛形」
       29「上中下御建物井表門等堅メ様」
       30「作事註文 番匠往来」
       31「組物楯規矩図」
       32「(規矩鑑集)」
       33「番匠往来」
       34「規矩鑑集 木匠図録」
       35「城之巻」
       36「絵入 番匠作事往来」
       37「大工作事往来」
       38「武家」
       39「屋根方葺様之巻」
       40「木戸之図」
       41「番匠作事往来」
       42「大工番匠往来」
       43「大工絵様 雑工雛形 弐編」
       44「新選増補 大匠雛形大全 宮殿之部 組物口伝 組目口伝」
       45「彫物絵様(忍部保高伝来 下)」
       46「建具雛形 坤」
       47「彫物絵様(上田光忠伝来 下)」
       48「当世 初心雛形下」
       49「作事必用 匠家文字通 全」
       50「新撰早引き引 匠家雛形ニ編下」
       51「(鎌鑓之図等)」
       52「堂舎切組方」
       53「増補 大匠雛形 新版 棚雛形 四」
       54「新版 増字番匠往来」
       55「改正作事 番匠往来」
       56「建営往来 天」
       57「諸職必読 百工往来」
       58「建築 作事往来」
       59「明治新撰 隅矩独稽古 中・下」
       60「明治新刻 大工番匠往来 全」
       61「改正 大工番匠往来 全」
       62「明治新撰 番匠秘事雛形」
       63「新撰作事用文 全」
       64「改撰 工匠図解」
       65「瓦割之部」
       66「百垣之図」
       67「新撰座敷雛形 上」
       68「大増補 規矩階梯 天」
       69「和様 家屋建築雛形」

第二編 構法雛形の研究
第一章 序論
    第一節 研究の目的
    第ニ節 先学の研究
    第三節 研究の方法
第二章 継手・仕口雛形
    第一節 書誌
    第二節 継手・仕口雛形の構成内容
         継手・仕口雛形の分類
         継手・仕口雛形の特質
         継手・仕口雛形の類型
第三節 継手・仕口雛形の技術内容
         継手・仕口の分類
           史料に記載された継手・仕口の基本的分類
           継手・仕口の記載内容の特質
           継手・仕口の記載内容における相関性
         継手・仕口の基本型別記載内容
           継手・仕口の一般性と特殊性
           史料における継手・仕口の初出
         継手・仕口の部位別記載内容
           部位別継手・仕口の一般性と特殊性
           部位別継手・仕口にみる雛形の特質
第四節 継手・仕口の構法原理
         継手・仕口の名称とその変化
           継手・仕口の名称における差異
           名称の差異の法則性
           雛形による名称の特質
         継手・仕口の基本型と複合型
           継手・仕口の基本型と複合型の相関性
           複合型の性格
         継手・仕口の構成原理
第五節 小結

第三節 雑作雛形
第一節 書誌
第二節 雑作雛形の構成内容
第三節 従来雑作雛形の類型
       建築往来系基幹本
       建築往来系展開本
       左官往来系本
第四節 部門別雑作雛形の変遷
       仕様
       架構
       組物
       屋根
       附属
       その他
第五節 小結

第四章 結論
第一節 建築構法の変遷と構法雛形
第ニ節 構法雛形の歴史的特質

(附図)継手・仕口作製図
既発表論文対照表
あとがき
研究編図表リスト
英文図表リスト
英文概要


戻る