HP内の目次へ・検索もできます! 原美樹子『These are Days』

070号      072号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

原美樹子『These are Days』原美樹子『These are Days』

著:原美樹子
発行:オシリス
定価:(本体2,300円+税)32p・A4
978-4-905254-04-1
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
カメラの眼は、わたしの眼より清廉であり、平明であり、冷徹であり、強靭であるように思います。カメラは、撮影者の思考を視覚化するというよりは、わからないものをそのまま受けとめる、人が意識化できないものをゆっくりとすくいあげることのできる装置として、とてもすぐれているのではないかと感じています。ですので、撮影者であるわたし自身はなるべく透明な存在でありたいと思っています。(原美樹子)
原美樹子はノー・ファインダーで撮影する。被写体を見て撮影はするが、撮影時にファインダーを覗いて像を確認することはない。使用しているのは1930年代製のドイツ製のカメラ「イコンタ(Ikonta)」。1990年代半ばにこのクラシックカメラと出会い、以降この正方形のフォーマットでスナップショットを撮ることが自身のスタイルとなった。軽量で、持ち運びやすく、シャッター音も小さなこのカメラを写真家はいつもバッグに入れて持ち歩き、街角で一瞬すれ違った人々の何気ない姿、出かけた場所で目の前をかすめては消えていく風景や事物をとらえる。たまたま居合わせたその場所で、静かにシャッターを押す。偶然の集積であるスナップショットという技法に賭ける。作品群に留めおかれた一瞬一瞬は、見る者の記憶の断片に共振し、言葉になる前に感情を喚起する。
本書は最近作を含む25点を収録、『hysteric 13: Hara Mikiko』(2005)に続いて2冊目の写真集となる。
[著者プロフィール原美樹子(はら・みきこ)]
1967年、富山県生まれ。1990年、慶應義塾大学文学部卒業。1996年、東京綜合写真専門学校研究科卒業。1996年に初個展「Is As It」開催。以降、国内外のグループ展や個展で作品を発表。2007年には、ニュー ヨークで個展「Blind Letter」開催。2014年には、ゲティ美術館(ロサンジェルス)で開催された4人の日本人写真家による「In Focus: Tokyo」展に長野重一、森山大道、瀬戸正人とともに出品。ゲティ美術館、 ヴィンタートゥアー美術館他に作品が収蔵されている。2015年に個展「These are Days」をJIKKA(東京) で開催。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533