HP内の目次へ・検索もできます! 『宮脇檀の住宅』著:宮脇檀建築研究室 関連図書



『宮脇檀の住宅』
『宮脇檀の住宅設計ノウハウ』
『宮脇檀の住宅設計テキスト』
『眼を養い手を練れ 宮脇檀住宅設計塾』
『コモンで街をつくる 宮脇檀の住宅地設計』
『宮脇檀の住宅 1964−2000』
『宮脇檀の「いい家」の本』
『宮脇檀の住宅』

著:宮脇檀建築研究室
発行:丸善
定価:18,900円(本体18,000円+税5%)
280mm×280mm・312p
4-621-04133-9
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
宮脇檀とその研究室が30年間の住宅設計の軌跡を集大成.130余軒にのぼる住宅の中から,より精選された作品をとりあげ,基本設計からエスキス,チケッチ,ディテールまで,写真,図面を駆使して構成し,宮脇流住宅設計術の魅力を語る。

『宮脇檀の住宅設計ノウハウ』

発行:丸善
著:宮脇檀建築研究室
定価:10,290円(本体9,800円+税5%)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
住宅設計の第一人者である宮脇檀とその研究室が20年の設計の軌跡をまとめています.住宅設計はいかに進めるべきか,いま住宅に何が求められているか,住まいの考え方・手法・技術・ディテールなどを公開し建築の原点を探ります。

『宮脇檀の住宅設計テキスト』

発行:丸善
著:宮脇檀建築研究室 著     
定価:2,940円(本体2,800円+税5%)
菊判・256p
4-621-03865-6
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
既刊「宮脇檀の住宅設計ノウハウ」を若手建築家,学生のほか,家を建てたいと考えている人達のためにハンディにまとめた普及版.豊富な写真と貴重なデータを簡潔に収めるとともに,住宅・住まいの様々な提案を語る。
<目次>
第1章 土地の秩序に従う事は絶対条件;
第2章 プランニングは生活の鏡、生活の母胎;
第3章 断面は空間の喜びを生む;
第4章 開口部は人間と自然の意識的な接点;
第5章 部屋には部屋の約束がある;
第6章 部位の持つ役割を明確にする;
第7章 出ていないディテールが大事;
第8章 設備は陰で生活を支える;
第9章 家具は住居と人間の両方に属する;
第10章 仕上げは表面材でしかないのだが…;
第11章 家の回りは中間領域として街に参加する

『眼を養い手を練れ 宮脇檀住宅設計塾』

編著:宮脇塾講師室
発行:彰国社
定価:2,000円(本体1,905円+税5%)
147p26cm
4-395-00643-4
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
洗練された都会的なセンスと、古今東西の建築から素早くかつ貪欲に学ぶ研究心、百戦錬磨のテクニック、そして万年青年のようにしなやかな精神―宮脇檀の世界から住宅設計の精神を、さあ、老いも若きも一緒に学ぼうではないか。宮脇檀住宅設計塾の実践的で刺激的な教育や、熱気を再現し、氏の住宅設計に対する情熱を伝える。
<目次>
第1章 宮脇檀の住宅設計塾へようこそ!;
第2章 設計してみよう。ではどんな家を;
第3章 敷地を読む;
第4章 図面を描こう;
第5章 住宅を内部から考える;
第6章 家具を学ぶこと、家具から学ぶこと;
第7章 ひかりとあかり;
第8章 街並みと家周り


『コモンで街をつくる
宮脇檀の住宅地設計』

作:宮脇檀
編:宮脇檀建築研究室
発行:丸善プラネット
定価:3,990円(本体3,800円+税5%)
226p23cm
4-944024-72-X
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
本書は去年の10月に他界した宮脇檀の住宅地に関する計画・設計の仕事を解説するものです。出版作業は宮脇の生前から始まっていましたが、中途で宮脇が他界してしまい、存命中には間に合いませんでした。本書をまとめるにあたって宮脇檀の住宅地設計関係の仕事をあらためて整理してみると、その量たるや膨大で、宮脇がこの分野にかけていたエネルギーは並大抵のものではなかったことがわかりました。
<目次>
街並みを個から全体への発想でとらえる
 (戸建て住宅による環境造成について5つのハードと1つのソフト)
コモンで街をつくる
 (高須ボンエルフコモンシティー船橋コモンライフ安行 ほか)
宮脇檀の住宅地設計
 (宮脇檀の住宅地設計5つのハードと1つのソフトによる年表)

ギャラリー・間叢書16
『宮脇檀の住宅 1964−2000』

作:宮脇檀
発行:TOTO出版
定価:2,000円(本体1,905円+税5%)
142p28cm
4-88706-188-9
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
宮脇檀の幅広い活動の中で、生涯にわたりその中心であった住宅設計に焦点をしぼり9つの住宅を中心に、手掛けた全住宅の年譜と、残した言説を掲載。
<目次>
自分の住まいを考える
9つの住宅と6つの言説(もうびぃでぃっく(1966)
あかりのや(1967)
PLAZA HOUSE(1968)
ブルーボックスハウス(1971)
松川ボックス#1(1971)、#2(1978) ほか)
宮脇檀が描いた家の風景
宮脇檀住宅全仕事

PHP文庫
『宮脇檀の「いい家」の本』

著:宮脇檀
発行:PHP研究所
定価:600円(本体571円+税5%)
347p15cm
4-569-66248-X
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
家は生涯最大の買い物。また家は二度建てて、はじめて満足のいくものができるともいう。家族構成、予算、土地など、条件はそれぞれ異なるだろうが、夢が大きい分、絶対に失敗したくない買い物である。本書は38年間、住宅建築家として活躍した著者が、なぜ家を建てるのかという問題から、よりよく生きるための道具としての家作りについて語った、建てた人も、これからの人も必読の一冊である。
<目次>
序章 家は何のために;
1章 不可思議な部屋たち―実感が欠落した部屋;
2章 男と女が住む家は―男が放棄した“女の家”;
3章 街に住もう―なぜわたしたちは郊外に住んでいるのか;
4章 旅で出会った街並み―風景は人がつくる;
5章 美しい街並みをつくろう―美しい街はできる



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533